マンカラ


ジャンルブレイン系ゲーム
ハードテーブルゲーム
プレイヤー人数2人


概要

マンカラは、ボード上に開いた12個の丸穴に入れた石を移動させ、左右端にある自分のストアに入れた石の数を競うゲームである。

古代よりアフリカやヨーロッパで親しまれてきた遊びであるが、現代も子供たちを中心に親しまれている。

基本的なルールでは色の概念もなく、目を使わずに遊ぶために何か工夫をする必要は全くないゲームである。

また、いくつかの専用ゲームセットも発売されてはいるが、生活用品で代用することもできる。

ボード上のレイアウト

ボードは、横に長い長方形をしており、プレイヤーは、そのボードの横辺を挟んで向かい合って座る。

ボードの左右の突端に、縦長長方形の箱型のスペースがあり、これをストア(貯蔵庫)という。

基本ルールでは、プレイヤーから見て右側ストアが自ストア、左側ストアが敵ストアになる。

左右のストアを挟んで、縦2列、横6列に、お椀型の穴が開いている。これを、「ポケット」という。

その手前側6列のポケットが、自ポケットとなる。

各ポケットには、右から順に1番から6番まで番号を付け、ストアは0番とする。

遊び方

マンカラには、100通り以上の遊び方がある他、独自のルールを考えて遊ぶおもしろさがあるが、基本的な流れは以下のようになる。

  1. ゲーム開始前に、各ポケットには、石を4つずつ入れておく。
  2. プレイヤーは、自分のターンが来たら、自エリアの任意のポケットから全ての石を取り出し、右隣のポケットから順に、反時計回りに各ポケットにつき1個ずつ石を入れていく。石をつかんだり、入れたりする時には、そのポケットポイントを「3 2 1 0」などと言うとよい。
  3. 石を各ポケットに1個ずつ入れることを「ソウウィング」といい、手に持った全ての石を入れ終わるまでの一連の動作を「ラップ」という。
  4. ソウウィングでは、ラップの通過点や終点として、自ストアや、敵エリアのポケットにも入れることができる。ただし、敵ストアには入れてはならないため、敵の1番のポケットに入れてもなお余りがある場合は、次の石は、自エリア6番に入れることになる。また、ストアから石を取り出してラップを行うことはできない。
  5. ラップの終点が自ストアに終わった場合、最後のソウウィングは自分の得点となり、更にもう一度ラップを行うことができる。これを「マルチラップ」と呼ぶ。
  6. ラップの終点が自エリア内に収まらない場合は、ストアを経由して相手のポケットに1個ずつ入れていく。その際、自ストアに入れた1個が、得点となる。ただし、前述のように敵ストアに入れてはならない。
  7. ラップの終点が自ストア以外の場所だった場合に、ターンチェンジとなる。
  8. この要領でターンを繰り返し、どちらかのエリアの全てのポケットから石がなくなった時点で、ゲームオーバーとなる。

よく用いられる特殊ルール

  1. 国際的な標準ルールとされる「カラハルール」では、+ラップの終点が自エリア内で、なおかつそのポケットが空であれば、向かい側となる敵ポケットから、石を全て略奪し、終点に入れる予定だった1個と共に自分のストアに入れることができる。つまり、自エリア3ポイントがラップの終点で、なおかつ空であり、向かい側の敵エリア4番に5つの石が残っていたとする場合、一気に6ポイント獲得となる。
  2. 「カラハルール」では、ゲームオーバー後、石の残っていたプレイヤーは、その残りの石を、全て自ストアに入れ、両者のストア内の石の数が多かった方が勝ちとなる。このため、自ポケットを全て空にするタイミングを誤ると、敗北する可能性もあるため、注意が必要である。
  3. 自ストアを左とするルールも存在し、その場合に、自エリア1番にソーウィングしてもなお余りがある場合、通過点となる相手エリアに石を1個ずつ入れるルールもあり、この場合、終点が相手ストアとなった場合でも、ダブルラップとなるので、計画的に置かないと不利となる。
  4. ゲームの勝敗の根拠として、ストアに入れた石数にするか、自ポケットの石数が0になった時点にするのかでも分かれており、遊び方によって攻略法が異なる。

上記のように、マンカラには、様々なルールがあり、オリジナルで遊び方を自由に考える楽しさもある。


コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/マンカラ?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊んだ 0  


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-14 (金) 19:31:07 (112d)