PSPシステムソフトウェア

対応バージョン6.61


概要

PlayStationPortable(以下PSP)の基本ソフトに当たるシステム、PCではOSに当たる。

ゲームの安定動作やドライバ制御、処理落ちの低減といった連綿たる改良が継続され、現在のバージョンとなった。


クロスメディアバーの基本操作

PSPのシステムソフトウェアは、04年~09年当時のSONYにより推進されていたユーザーインターフェイス『クロスメディアバー(以下XMBと略記)」により構造されている。


基本的な操作と仕様は以下の通りとなる。

  1. カーソル移動音、決定音、キャンセル音あり
  2. カーソル移動は上下左右とも、端で突き当たる。
  3. 方向キー左右により大項目を選択
  4. 方向キー上下により大項目に含まれる子項目を選択 *1
  5. 目的の子項目で丸ボタンを押すことで選択中項目が実行される。サブメニューが存在する場合はそちらが表示され、更に方向キー上下で選択することとなる。
  6. 目的の子項目で三角ボタンを押すことで選択中項目に対するアクションを選ぶメニューが表示される。アプリケーションの削除などはここより行う。
  7. 環境設定などでチェックボックスのOn/Offを切り替える場合、効果音により判別可能
  8. 「はい・いいえ」を選ぶダイアログボックスにあっては、左が「はい」となる。

左右移動で切り替わる大項目について

XMBの大項目に当たる。左右で移動でき、内容は以下の通り。 (リンク先はオフィシャルユーザーマニュアルとなる)


設定エクストラフォトミュージックビデオゲームネットワークPlayStation? Network

「設定」の子項目について

PSP3000番台にて検証。以下の内容である。

  1. システムアップデート
  2. USB接続
  3. ビデオ設定
  4. フォト設定
  5. 本体設定
  6. テーマ設定
  7. 日付と時刻設定
  8. 省電力設定
  9. 外部ディスプレイ設定 in_N1000
  10. サウンド設定
  11. セキュリティー設定
  12. RSSチャンネル設定
  13. ネットワーク設定

情報引用元・参考リンク

  1. PSP™ (PlayStation®Portable) システムソフトウェア ユーザーズガイド
  2. PSP®「プレイステーション・ポータブル」 システムソフトウェア アップデート | プレイステーション® オフィシャルサイト

コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/PSPシステムソフトウェア?

お名前:


*1 大項目を選んだ時点で既に小項目を選べる状態となっていることから手数を少なく目的の操作が行えることが特徴

トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-09 (金) 12:11:00 (1434d)