ビリビリキューブ


メーカーメガハウス
ジャンル迷路ゲーム
ハード半電子ゲーム
発売時期2007年
動作単3アルカリ乾電池2本


概要

ビリビリキューブは、2007年にメガハウスが発売した迷路ゲームで、プレーヤーの行う一部の動作を読み取って本体が反応するタイプの半電子ゲームである。 立方体の本体側面に掘られた溝状の迷路にタッチペンを垂直に侵入させ、本体のどこにも触れることなく制限時間内にゴールへ到達させることを目的とする。 タッチペンはコードにて本体と接続されており、先端の電極部分が少しでも本体に触れると、本体が激しく振動してゲームオーバーとなる。 迷路の道順を手で確認しながら遊べるため、視力に頼ることなく遊ぶことが可能なゲームである。


本体形状と各部説明

本体は立方体をしており、上面の溝にタッチペンが固定されている。ゲームを行う時は、このタッチペンを外して行う。

底面上半分には2つのスライドスイッチ、下半分には電池蓋がある。

2つのスライドスイッチの内、右上にある2段階スイッチが電源で、右にするとオンである。オン側には、小さな突があるので、触知可能。

左側にある3段階スイッチはタイマースイッチとなり、左から1分2分3分の順で制限時間を設定できる。スイッチの上側に点図表示がなされており、触知が可能である。

本体四つの側面に彫られている迷路は、上段と下段に分かれており、上段は90度ずつ回転させることができる。上下の迷路との組み合わせにより、16種類の難易度の迷路を楽しむことができる。

上段の左上がスタートポジションとなる。

下段の各1か所ずつ、溝の終点に丸い突が触知できるのは、ゴールボタンである。


遊び方

  1. 遊びたい迷路を選んだら、スタートポジションにタッチペンを垂直に侵入させ、その場をタッチする。タイマー音が流れ始める。
  2. そのまま垂直のまま本体のどこにも触れず溝に従ってタッチペンを移動させ、ゴールを目指す。
  3. ゴールボタンを見つけたらタッチする。ファンファーレが鳴ってゲームオーバーとなる。

注意事項

  1. ミスした際のバイブレーション音が大きいため、周囲や近隣へに迷惑をかけないよう配慮すること。特に、夜間でのプレーや、集合住宅内でのプレーでは、本体の下に音や振動を十分吸収するものを用意すること。
  2. 本ゲームは半電子ゲームのため、ゲーム開始後タッチペンを溝から抜いてもミスにはならずそのまま時間が刻まれる。

コメントフォーム

コメントはありません。 Comments/ビリビリキューブ?

お名前:

投票フォーム

選択肢 投票
遊びたくなった 0  
遊べた 0  


トップ 編集 添付 複製
凍結 差分 バックアップ 名前変更
新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-20 (火) 19:55:00 (1328d)